審美歯科による治療の重要性|純白な輝く笑顔

白い歯

子供のうちから

歯

大人になっても虫歯の本数を0にするためには、子供の頃からきちんと虫歯予防をしていることが重要になります。乳歯が虫歯になっていたら、永久歯に生え変わる時に虫歯菌が付着しているので虫歯に弱い歯になってしまうからです。そのため、近年では治療ではなく予防の力を入れている歯科医院は多く、特に豊中では小児歯科に力を注いでいる歯科医院が多いです。
小児歯科で重要な事は「子供を怖がらせない」ということです。子供の頃の怖い思い出はトラウマになりやすく、大人になった時に深層心理に深い影響を与えます。そのため、虫歯になっても歯医者に行かない人の殆どは、昔歯医者で怖い目に遭ったことがある人がほとんどです。逆に、子供の頃にそういった怖い経験をしなければ歯医者を必要以上に怯えないため、抵抗なく治療や予防を行うことができます。そのため、現在豊中の小児歯科の殆どは怖がらせないということを念頭に置いています。具体的な方法としては、最初はお話をするだけだったり、治療代に乗せて怖さを少しずつ取り除き、信頼感を得ることから始めます。そして、信頼されるようになったらできるかぎり痛みを抑えた治療をして子供の歯を健康にしていきます。またブラッシング指導も行い、時には保護者にも話を聞いてもらい、日頃の予防方法についてレクチャーしていきます。他にも、病院によってはシーラントという奥歯の溝を埋める治療を行ったり、治療が終わった子供におもちゃをプレゼントしたりと、虫歯を0にするために様々なことを行っています。豊中ではこういった徹底している病院が多いため、豊中近辺からも治療を受ける家庭は多いです。