審美歯科による治療の重要性|純白な輝く笑顔

白い歯

口の怪我やトラブルを解決

歯

歯科の中に、口腔外科というものがあります。口腔外科とは文字通り口腔内の外科治療を扱っている歯科であり口の中の怪我の治療や手術を行っています。具体的な例として、親知らずや虫歯の抜歯、更に舌癌などの重い病気の手術も口腔外科の仕事になります。口腔外科で最も身近なものが親知らずの抜歯であり、多くの人がお世話になっています。
親知らずは、放置しておくと虫歯になりやすい歯です。一番奥に生える歯であり、かなりの確率で生える場所や位置が少々おかしい状態で生えてしまいます。そのため、歯が磨きにくく虫歯になりやすいため、生えたままにしておくと他の歯にも悪影響を与えやすい歯となっています。そのため、虫歯になったのであれば口腔外科で抜歯を行いましょう。具体的な抜歯方法は、まず、麻酔を注射して痛覚を鈍らせます。その後、メスで親知らず付近の歯肉を切開し、歯を摘出します。抜けた箇所にはガーゼを詰めておき、肉が盛り上がるまで待ちます。肉が盛り上がり、痛みがなくなったら治療は完了です。なお、上の歯よりも下の歯のほうが抜歯が困難なことは多く、傷みが長続きしやすいと言われますが、これは個人差があります。
大阪では親知らずの抜歯を行う歯科医院がほとんどです。中には大阪のオフィス街でも抜歯をやっているところはあり、スピーディな応対をしていることもあります。そのため、大阪の歯科医ならば抜歯で困ることはほとんどありません。また、大阪には評判の歯医者も多く、ネットで調べれば治療の際に痛みの少ない歯医者は簡単に見つかります。